トラジのおみくじ モクレンと一緒にダイエット

2010年11月14日

猫の水飲み絶妙な舌技

2010021413360001.jpg
11月13日の読売新聞の編集手帳に斎藤茂吉の猫の舌を詠んだ歌が出ていた。

猫の舌の うすらに紅(あか)き 手ざわりの この悲しさを 知りそめにけり

またルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』で公爵婦人が、

猫はみな笑えるのです。

と語っている、と。

この日の記事に、『ネコの水飲み 舌技解明』の見出しで『サイエンス』の紹介がされていた。

犬は舌をひしゃくのように丸めてすくい上げる。

馬は吸い上げる。

猫は、

舌をJ(犬は逆)の形にして水面にまっすぐおろし、水面に触れたら素早く引きあげる。

その勢いで水柱ができ崩れる前にぱくっと口を閉じる。

それが、一秒間に約4回のペースだと。

我が家のモクレンとトラジも、こんな器用なことをしてるんだろうな?

二人とも器の手前ではなく、向こう側に舌を入れている。

トラジの器の方は、回りにいっぱいこぼしている。
posted by かんちゃん at 06:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同居人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


最後までご覧いただき、ありがとうございました。 人気blogランキングへ にほんブログ村 猫ブログへ