トラジのおみくじ モクレンと一緒にダイエット

2013年02月22日

猫が人間のそばに

「人間が猫を飼っているわけじゃなくて、猫が人間のそばにいてくれるだけなのよ」

母さんの言葉が蘇ってくる。

母さんの魔法だったのかもしれない。


(猫の)キャベツか思い出させてくれた、母さんの魔法。

「じゃゆっくり目をつぶって」

「ちょっとした魔法みたいなものよ。もしいつの日か、あなたがひとりでどうしようもなく悲しいときは無理やりでも笑って目をつぶればいいのよ。同じように何度でもすればいいのよ」

すると僕の心は温かく、穏やかになっていく。

母さんの魔法はいまだ健在だった。

「ありがとう、母さん」

ずっと言えなかった言葉。ずっと言いたかった言葉。

その言葉をようやく僕は言うことができた。


以上、川村元気著『世界から猫が消えたなら』の一節


!タグ!川村元気 世界から猫が消えたなら 魔法 悲しいとき

posted by かんちゃん at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


最後までご覧いただき、ありがとうございました。 人気blogランキングへ にほんブログ村 猫ブログへ